雪とユキ 一姫二太郎の父やらせてもろてます

長女 雪ちゃんと長男 ユキ君の父、りょうさんのブログ

【娘との日常】『ベルトを外せる年齢』『藤井風さんごめんなさい』『おまけ コロナワクチン2回目(ファイザー)の副反応』

おはようございます!

 

今日は4歳の娘 雪ちゃんとの小ネタシリーズです。

よろしくお願いします。

 

【目次】

 

 

 

ベルトを外せる年齢

f:id:ryousankunchan:20210928122519j:plain

雪ちゃんと2週間に1回、図書館へ通っている。

借りていた絵本を返し、新しいのを借りてくる。

そういうルーティーンである。

 

今日は自転車に乗っていく。

自転車の後部座席に雪ちゃんを乗せ、ベルトを付けようとする。

 

雪「ちょっと!自分で付けられるから!だいじょうぶ!」

 

私「そうかそうか、自分でやってちょうだい」

 

雪「このベルトは子供やからつけてんねん」

 

私「そうやなぁ」

 

雪「7歳くらいまではつけるけど・・・

ひゃくじゅうななさいくらいになったらベルト外せるで」

 

私「そんなに?」

 

雪「そう!その時は雪もおとう(さん)もオバサンや!」

 

私「そうそう。

 

・・・・・・え!

 

おとう(さん)もオバサン!?」

 

 

藤井風さんごめんなさい

今日はバーバがうちに来た。

藤井風さんが好きで、YOUTUBEでそのライブ映像が見たいとのこと。

それを早速つけてみる。

 

雪「全然おもしろくない」

 

バーバ「え?素敵なピアノよ~。雪ちゃん聴いてみて。」

 

雪「わァー!!全然おもしろくな~い~!!!」

 

バーバ「そうか~、どんなんが面白いの~?」

 

雪「子供やったら、どんぐりころころとかそういうのやろォ!!!」

 

私「じゃあ、どんぐりころころの歌かけるから歌うか~?」

 

雪「ちがう。プリキュアつけてプリキュア」

 

私「どんぐりころころちゃうんか~い」

 

 

 

【おまけ】コロナワクチン2回目(ファイザー)の副反応

f:id:ryousankunchan:20210928123948j:plain

最後は、子供の話題ではありませんが、おまけです。

先日ファイザー製コロナウイルスワクチン2回目を打ってきました。

 

1回目は打った所が痛くなりましたが、3日程度でおさまりました。

今回は2回目・・・

 

打った当日。

13時に打って、22時頃のこと。

 

私「そろそろ熱出るかな?」

 

妻「そろそろかなぁ」

 

~23時~

 

私「でやんなぁ」

 

~翌日朝~

 

私「う~ん、爽やかな朝だ。良い体調だ・・・」

 

~翌日13時ごろ昼食後~

 

私「んんん、なんか、倦怠感が・・・(眠くなってくる)」

 

妻「なんで寝てるの!ユキ君(1歳)ちゃんと見といて!」

 

私「いや、倦怠感が・・・。」

 

妻「気のせい気のせい!」

 

 

【結果】

私の副反応、倦怠感もほぼなく、気のせいでした。

 

この様な結果となり、小ネタとさせていただきました。

 

ではまた!

【育児について】『考えてみたシリーズ』まとめてみた【2021年7月~8月】

f:id:ryousankunchan:20210928081119j:plain

おはようございます!

少しだけ本気出して『育児について考えてみた』のシリーズをまとめてみました!

2021年7月~8月のぶんになります。

 

これを見ると、「おぉ、私割と育児ちゃんと頑張ってるかも」な気がします笑

 

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

 

【絵本】おばけと電車は子供のロマン『おばけでんしゃ/文 内田麟太郎/絵 西村繁男』【文字が少なく読み聞かせに最適、2歳、3歳、4歳】

おはようございます!

 

お気に入りの絵本を紹介させて頂きます。

今回は、こちら。

 

『おばけでんしゃ/文 内田麟太郎/絵 西村繁男』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おばけでんしゃ (絵本・こどものひろば) [ 内田麟太郎 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/9/26時点)

楽天で購入

 

 

おばけと電車?

子供のロマンそのものでしょう!

 

 

【目次】

 

 

どんな本?

表表紙がこんなかんじで、

 

背表紙がこんなかんじ。

f:id:ryousankunchan:20210926224320j:plain

 

この電車を横から見た絵が続いていき、ページごとに景色が変わっていきます。

 

とても色鮮やかで、たくさんのおばけ(妖怪)が出てきます。

まさにおばけオールスターズが電車に乗り込むというもの。

そのおばけ達が電車旅を楽しんでいるかの様な表情が見られます。

 

おばけも、名前は書かれていませんが、おばけ好きだったら見たらすぐにわかるものが沢山出てきます。

おばけなら、河童、一つ目こぞう、ろくろっ首、天狗、のっぺらぼうなどメジャーなものから、

くだん、手長足長、うまつき、鵺(ぬえ)、垢なめのようなものもおります。

そして妖怪だけではなく、メデューサや狼男、カボチャおばけ、UFOのようなものまで、まさにおばけワールドカップ。

 

 

文字が少なく読み聞かせに最適

タイトルにも書きましたが、ほとんど文字がありません。

だから寝る前の読み聞かせには最適です!

本は読んであげたいけど、読む気力が無いというお母さん、お父さんにオススメ。

 

 

エクストリームあらすじ(ネタばれ注意)

あらすじを書きます。

エクストリームに書く必要もないのですが、エクストリームにいきます。

 

「ようかい駅」⇒「くらやみ駅」⇒「さむざむ駅」⇒「にんげん駅」と電車が進んでいきます。

その間の文章にはほぼ「がたたん がたたん」しかありません。

ベリーイージーな内容だから、ひらがな濁点覚えたてのうちの4歳の娘も読みたいと言います。

 

駅についたら、1行程度駅の説明があります。

さむざむ(寒々)駅なら、「ゆきおんなにおきをつけください」など。

 

最後は、「にんげん駅」。

「ひとにばけておおりください」とアナウンス。

さっきまでおばけの外見だったものが、よく似た人間に変わっていきます。

 

子供と、どのおばけがどの人間になったかを見て楽しめますよ。

 

 

おわりに

人間界におばけが化けて生活していたらどうでしょう?

なんとも想像力をかきたてますよね。

 

娘と何度も何度も読んでいる絵本です。

 

ちなみにこの絵 内田麟太郎さん、同じ様な電車シリーズを他にも出されています。

まだ読んだことないですが、集めていくのも楽しそうです。


 


 

 

ではまた!

 

 

【こちらの絵本もどうぞ】

 

 

yukiichihimenitaro.shop

 

 

 

 

【人間力に触れる②】ありのままの不器用オジサン 上司Bさん【連載】

おはようございます!

 

ゆとり教育の典型であるどうしようも無い新入社員だった私に、良い影響を与えてくれた元同僚5人の人間力について、毎週水曜日に1人ずつ書いていきたいと思います。

今日は2人目、『ありのままの不器用オジサン』上司Bさんの人間力に触れていきたいと思います。

 

【シリーズの前置きはコチラ】

 

【初回はこちら】

 

 

【目次】

 

 

 

ありのままの不器用オジサンの人間力?

Bさんはこんな人

Bさんは、前回書いた恩師Aさんの異動により、後釜として移動してきた。

年齢はAさんより結構上で、当時で50歳くらいだったと思う。

見た目は白髪交じりで少し薄い髪。

なぜか唇はいつもリップクリームでテカテカ笑

結構ズケズケと初対面でも話してくるタイプで、独身、趣味はゴルフ、好きな話は野球。

仕事終わりはジムでエアロビして風呂に入って帰るらしい。

自転車通勤されていたが、冬は紫のナイロンパーカーのフードをかぶり、目の部分しか見えないくらいにキュンキュンにフードを絞っていた。

 

良い意味でなめられやすいタイプで、飲み会の無礼講では部下から結構いじられ、「やめろ」と言いながら、嬉しそうにしていた。

 

この方は、仕事に関してはできるイメージは全くなかった。

当時会社の業績が悪くなってきていたので、事業所のボスからのプレッシャーも激化してきていた。

毎日Bさんは絞られっぱなしで、それでも何も改善策は思い浮かばないないといった感じだった。

 

Bさんの良いところ

メンタルが強い

f:id:ryousankunchan:20210921125434j:plain

Bさんはメンタルが強い。

ボスにコテコテに絞られて、普通だったらゲンナリする場面があっても、そのすぐ後には、年齢的には年下のボスに「そういえば、あそこの店美味かったよな」とタメ口で気持ちを切り替えて話しているのだ。

 

さっきまで、「おまえ、何考えてんねん!」とボロカスに言われた後にだ。

私だったら心はシクシク泣き続け、まともに話せないと思う。

 

部下にご飯をおごってくれる

これは冗談でもなんでもなくて、Bさんはたまに同行すると、必ずご飯をおごってくれた。

結局お金かい!と言われるとあれだが、先輩が話していた言葉がとても府に落ちたことがある。

 

先輩「いくら良い上司でも一つもおごってくれない上司と、いけてない上司でも毎回おごってくれる上司やったら、それだけで結構ダメな上司のポイントあがらへん?」

 

そうなのだ。

やはり人間、比べてしまうもので、これって残念ながら間違いないと思う。

部下にはおごってあげるという姿勢、良くも悪くも部下は良く見ている。

 

 

Bさんに結婚式スピーチをしてもらったこと

f:id:ryousankunchan:20210921125639j:plain

今まで大してBさんの良いところを紹介できていないが、Bさんに対して心から尊敬を覚えたエピソードがある。

 

それは、私の結婚式のスピーチ。

先ずは事業所のボスにお願いしたのだが、どうしても家の用事と重なり式に出れないと言われてしまい、そうなると恩師Aさんではなく、現在の上司Bさんにお願いすることになる。

ちなみにAさんには乾杯挨拶をお願いした。

その時、ボスが来れなくなりスピーチをお願いできますかとBさんに聞くと、即答で「ええよ!任せといて~」が帰ってきた。

私はそんなに期待していなった。(失礼すぎ笑)

 

 

そして当日本番、司会者に、Bさんの名前が呼ばれた。

大勢の参列者の前にBさんが立った。

 

すると、Bさんはカンペも持たず、すらすらとスピーチを始める。

その内容は、よくある形式的なスピーチではない。

私の為、妻の為、私を支えてくれた人達の為の、誰が聞いてもオリジナルなスピーチだった。

気取らない言葉で、私の成長過程から仕事の頑張りを話して下さり、妻にも気遣いの利いた言葉をかけてくれた。

他の結婚式でも聞いたことがない素晴らしいスピーチだった。

聞いて泣いている人だっていた。

 

ちなみに、『(りょうさんは)事業所内で走り回り、パソコンすらバタバタ打って忙しいやつだ』という第一印象だった、という話から入る。

 

実は当時のDVDを掘り起こして、再び再生して拝見したのだが、今聞いても本当にBさんの優しさを感じる。

もう泣きそう。

 

後で同席者に聞くと、ギリギリまで席でカンペを繰り返し読んでいたそうだ。

沢山練習してくれたんだろう。本当に有難い。

 

 

その後のBさん

結婚式前から会社の経営状況は悪くなっていたが、後にさらに悪化していく。

私は退職するし、Bさんは降格させられ、早期退職を迫られる。

ある年齢以上の人は「今辞めれば退職金が出ますから」と肩を叩かれ、Bさんも結局は退職することになる。

ちなみに私の方が先に辞めるのだが。

 

その時に思ったのが、Bさんはこうなる事をわかってたんじゃないかって。

自分が「上司」という立場でいられるのももう長くないと感じていて、そんな中での部下の結婚式のスピーチ。

これはきっと最後の部下のスピーチだと、Bさんはわかっていたのかもしれない。

そう思うと、何とも言えない感情になった。

 

Bさんの飾らないありのままの背中。

その偉大さに私が気づくのは遅かったけれど、心から尊敬しました。

本当にお世話になり、ありがとうございました。

 

これで『ありのままの不器用オジサン』については以上です。

読んで頂き、ありがとうございました。

ではまた来週!

 

あとがき

f:id:ryousankunchan:20210921125851j:plain

Bさん退職後に、ラインで相談したことがあります。

Bさんは保険のコールセンターに転職して、楽しくやっているそうです。

なので、私も保険で悩んでいたので、アドバイスを頂きました。

いつか一緒にゴルフも回ってみたいです。

【家で遊ぼう】アイデア遊び!風船とふとん圧縮袋で『風船ベッド』を作る!【乗っても割れない、100均】

おはようございます!

 

そういえば前に風船とふとん圧縮袋で『風船ベッド』を作って遊んだなぁと思い出しまして、ご紹介したいと思います。

 

『コロナ禍』と呼ばれる日はいつまで続くのか不安ですが、おうち遊びの連続は『飽き』との戦いです。

 

親御さんはなんとか工夫して飽きないように頑張りましょう!

 

【目次】

 

 

 

風船ベッドって?

風船のベッドってなんですか?って話ですが、まずはコチラの写真を見て下さい。

f:id:ryousankunchan:20210921211844j:image

 

風船とふとん圧縮袋があれば、こんな風船のベッドが出来上がります。

うちの場合は、子供が乗って少々ハネたぐらいでは割れませんでした。

大人である私も、寝転がるくらいでしたら全然問題無かったです。

 

ただ、もしものこともあるので、大人は子供に付いてしっかり安全を確認した方が良いでしょう。

 

 

風船ベッドの作り方

作っている写真が無くて申し訳ないですが、写真を見るまでもないです。

 

【作り方】

・風船とふとん圧縮袋を買う(100均でもあるはず)

・風船を沢山ふくらます(うちの場合は15個ぐらいでしょうか)

・ふとん圧縮袋に風船を入れ、脱気する(掃除機で空気を吸います)

・完成


f:id:ryousankunchan:20210921211847j:image

娘の雪ちゃん(当時3歳)もどっしりと座り、満足気です。

頭に付いてる謎のアクセサリーの方が気になりますね・・・

 

 

 

おわりに

何度も言いますが、おうち遊びの最大の敵は『飽き』です。

大人が飽きてしまうと負けです!

なんとか重い腰をあげて、新しい事をやってみましょう!

 

f:id:ryousankunchan:20210921211849j:image

こちらは、当時まだ生まれたての弟、ユキ君と雪ちゃん。

良い感じですねぇ。

くれぐれも赤ん坊を乗せる場合は細心の注意を!

ポーンとハネて飛んでったら大変です!

 

 

ではまた!

 

 


 


 

【育児について】『考えてみたシリーズ』まとめてみた【2021年5月~6月】

f:id:ryousankunchan:20210928081119j:plain

おはようございます!

2021年5月~6月の育児について考えてみたシリーズをまとめてみました。

ブログ始めたてのものからございますので、恥ずかしさもありますが、最後の「子供に自信をつけさせたい 自らのしくじり経験に学ぶ」は中々我ながら好きな記事です。

 

yukiichihimenitaro.shop

 

yukiichihimenitaro.shop

 

yukiichihimenitaro.shop

 

yukiichihimenitaro.shop

 

yukiichihimenitaro.shop

 

yukiichihimenitaro.shop

 

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

yukiichihimenitaro.shop

 

yukiichihimenitaro.shop

 

【子供と芋ほり】サツマイモ、どうやって掘る?どうやって食べる?【やってみるっきゃない、秋の味覚狩り】

f:id:ryousankunchan:20210924150456j:plain

おはようございます!

 

秋と言えば、サツマイモ。

子供も大好き、サツマイモ。

 

サツマイモを掘りに行きましょう。

ネットでもサツマイモ掘りをさせて頂ける所は沢山出てきました。

関西の芋掘りランキングTOP10 - じゃらんnet

 

うちも、4歳の娘 雪ちゃんにサツマイモ掘りをさせてあげたく思っていましたが、なんと妻の田舎の近所のおばあちゃんが、自分の畑で掘らせてくれるというのです。

有難く伺わせて頂きましたので、その様子を写真でお届けしたいと思います。

田舎暮らしの素晴らしさが垣間見えると嬉しいです。

 

私はおススメする。

自分の家に畑が無い場合、実家が田舎の配偶者を選ぶことを!

 

【こちらもどうぞ】

yukiichihimenitaro.shop

 

 

【目次】

 

 

秋、味覚狩り、やってみよう。

芋ほりに出かけよう

雪ちゃんには前から芋ほりに行けるということを伝えていました。

前日も「明日は芋ほりだなぁ~」とつぶやき、当日も「やったぜぇ~!今日は芋ほりいくぞォ!」とご機嫌。

その様子がこちら。

 

【ご機嫌ポーズ】

f:id:ryousankunchan:20210924130000j:plain

 

【いざ出陣】

f:id:ryousankunchan:20210923230149j:image

 なんとヨロヨロ歩きの男性(1歳)もやる気満々です。

※この人は抱っこされてみているだけでした

 

 

【おばあちゃんといっしょ】
f:id:ryousankunchan:20210923230142j:image

畑のおばあちゃんがスコップで付近を掘り起こしてくれました。

あとは芋を掘り出すだけです。

イージーモードでも、安全で達成感が味わえれば十分!

 

素手で土を、そして芋をの感触を感じてもらいたい。

そういう思いで素手にしました・・・

という訳ではなく、単純に手袋を忘れました。(親しっかりしろ!)

 

【引っこ抜け~】
f:id:ryousankunchan:20210923230130j:image

引っ張るとズボボボボっといくつかのツルについたイモが掘り起こされました。

雪ちゃんの目は真剣でした。

 

【掘ったど~】
f:id:ryousankunchan:20210923230144j:image

 

濱口優さんなら言うだろう。

「とったど~!(もう今の子はたぶん元ネタわかりません)」

 

雪ちゃんは掘り起こして言いました。

「うおおおおおおぉぉぉぉ!!!!!」

シンプルなおたけび。

 

めちゃくちゃ嬉しそうな顔をしていました。

 

【掘ったサツマイモ】
f:id:ryousankunchan:20210923230139j:image

 

サツマイモは鮮やかな紫色でした。

おばあちゃんの愛情を感じます。

 

もう80代後半くらいのおばあちゃんですが、その日も畑の中を縦横無尽に駆け巡り、スラスラと作業をしていました。

その姿に貧弱な私も元気を頂きました。

 

【ニンジンも掘っていけ~】
f:id:ryousankunchan:20210923230136j:image

ついでにと、ニンジンも引かして頂きました。

こんな風に野菜が成っていて、こうやって収穫するんだと雪ちゃんも勉強になったと思います。

これで野菜ももう少し食べてくれるでしょうか?

 

サツマイモを掘ったらどうする?

イモを掘って終わりではありません。

食べなければいけません。

食べる前には?

 

【サツマイモを洗おう】
f:id:ryousankunchan:20210923230147j:image

泥だらけのイモを率先して洗う雪ちゃん。

全部ひとりで洗ってくれました。

楽しそうに。

 

次は調理です。

サツマイモと言えば、秋と言えば、なんでしょう?

 

 

 

【サツマイモといえば】
f:id:ryousankunchan:20210923230128j:image

もちろん『焼き芋』でございます!

洗ったイモを拭いて、アルミに巻いて、七輪にほり込みます。

一連の作業を雪ちゃんが手伝ってくれました。

これでサツマイモを掘り、焼き芋が出来るまでの工程が理解できたと思います。

 

【実食】

f:id:ryousankunchan:20210924162007j:plain

 

「ぱくり!」

 

とっても甘くて美味しい焼き芋でした。

こんな素晴らしい体験をさせて頂けるなんて、お義父さん、お義母さん、近所のおばあちゃんに感謝です。

 

ちなみにサツマイモのツルは食べられるらしいですよ。

今回もお付き合いいただき有難うございました。

 

ではまた!

 

 

【こちらもどうぞ】

yukiichihimenitaro.shop