雪とユキ 一姫二太郎の父やらせてもろてます

長女 雪ちゃんと長男 ユキ君の父、りょうさんのブログ

【星野源さん 新垣結衣さん おめでとうございます!】逃げ恥SPに共感した育児疲れ お母さんお父さん頑張ってる!

 

 

いやぁドラマティックなニュースでしたね!

ひらまささんとみくりさんが契約結婚から結婚に至り、

まさかの演じていた役者さんたちもその後結婚。

 

ドラマなんてほとんど見ないのですが、

妻が見ていたので珍しく一緒に見ていたドラマでした。

正月にSPやってたんですけど、コロナ禍で妊娠~子育ての内容だったでしょ。

まさにうちも同じ状況だったのでえげつないくらいの共感があったんですね。

 

子育ては素晴らしいですが、つらいことが本当に多い!

うちは一人目よりも二人抱えた時とてもつらくなっています。

特に長女が2歳、長男が生まれたて~の時、本当につらかったですね。どちらも病気で入院が重なりましたし。

 

ドラマでひらまささんが育児を振り返り、「つらかったー」と告白するシーンがあるのですが、私はこれに心から共感しました。

そして妻にその時にそれを話そうかと思ったけど、なんだか結局話せずにいます。

もう約5か月たちましたね。

それが良かったのか悪かったのか、今からでも旬なので話してみようか悩んでいます。

 

妊娠~出産後の母はホルモンバランスの乱れや様々なプレッシャーから大変な思いをされています。

めちゃくちゃわかります。

それをかんがみて父は色々と行動しますが、裏目に出たり、

自分のやりたい・やらなくてはいけないことを優先することもあり妻の反感を買うこともあります。

 

ドラマでこのトイレットペーパーがいる!と言われて仕事終わりにひらまささんが必死に店舗回って買いに行って戻ったら、みくりさんが買っていて、なんで言ってくれなかったんだ!と揉めるみたいなん。

 

あるんですよ!本当に!

 

ぶち切れてるけど、妻は見た目ではわからないけどしんどい状態なので、それをわかってあげるしかないんですよね。

普通にこの状況で心から何も咎めず優しく接することができる器のでかいお父さん、いるんですか?

私は無理でした!顔にでるし、小言も言う!笑

妻のしんどさにフォーカスした作品は多いと思いますが、夫にもフォーカスしたところがこの作品のすごいところですよね。

 

母も父もすこしずつ親になっていくしかないんです。

 

 

お父さんになる、なったばかりの方に、偉そうながら伝えたい。

できる限り育児に向き合うことを。

思ってるよりずっとです。

自分の時間を犠牲にしないといけない。

 

飲み会、断ってください。

仕事、早く切り上げてください。

趣味、しばらくできません。させません。

 

「最初からそうするつもりです!」という優秀な方には何も言う必要もございませんが、

「育児バリバリ手伝っちゃうよー」なんて方は要注意。

「手伝う」じゃなくて自分の子供なので本当に「育児する」なのです。

 

偉そうなこと言えないんですが、一人目の時に私がそうだったので。

「今の時代はそうなのー?」じゃないんです。

本当にそうだということを最初から自覚したほうが、家族にとって良いんです。

 

私は今でも、できるだけ自分に時間を使いたいと思ってる人なんです。

でも二人目ができて妻がパンクしているのを見て、嗚呼これじゃだめだったんだって初めて気づきました。

 

スキルの低い家事をやれば失敗してキレられるけど、負けずにスキルを磨くしかない。

やれることをやるしかない。

 

でも、やれば伝わるよ。

妻にも子供にも。少しずつ。たまに。

やらなければ恨まれるよ。本当に。何にも良く進まないよ。

 

一人目生まれたての時にはあまり娘と触れ合い少なかったんですが、やはり子供からも反お父さん感がありました。

最初は面倒くさいと思いながらも、できるだけだっこしたり積極的に遊ぶようになって、子供からも愛情を感じるし、自分自身も子供と向き合うの楽しくなってきたんですよね。

二人目は生まれたてからガッツリ可愛がってやれましたが、なんだか懐いてくれています。しかもそこに妻からもリスペクトはあるようなんです。

やればやるだけついてくる、だけど形だけでなく心からやらないといけない。

ストイックじゃないと結果でないんですよね子育ては。

 

 

だけど自分がつぶれてもダメなので、そこは上手いこと折り合いつけていきましょう。

 

もう少し子供が大きくなれば、自分のこともできる!そう思いながら。

できるだけ、楽しんでいきましょう。