雪とユキ 一姫二太郎の父やらせてもろてます

長女 雪ちゃんと長男 ユキ君の父、りょうさんのブログ

「はてなブロガーに10の質問」一姫ニ太郎の父 りょうさん編

f:id:ryousankunchan:20211018192250j:plain

おはようございます!

 

はてなブログ10周年とのこと、おめでとうございます。

 

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問

お祭りに乗じて、私も書きたいと思います。

 

【目次】

 

 

 

ブログ名もしくはハンドルネームの由来は?

【ブログ名】

雪とユキ 一姫二太郎の父やらせてもろてます

 

そのままですね。

長女の名前、長男の名前はちなみに仮名。

雪とユキはややこしいと初めて数ヶ月後に気付き、子供改名をも考えました笑

 

↓ ちなみにこちらの記事でタイトルリニューアルしています ↓

yukiichihimenitaro.shop

 

 

 

【ハンドルネーム】

りょうさん

 

シンプルにあだ名です。

「りょうさんさん」とか「りょうさん様」というお気遣いを頂くことありますが、遠慮なく「りょうさん」で呼んで下さい。

「クロちゃんさん」と同じような感じになりますからね。

クロちゃんやりょうさんには、「さん」はつけないでも良いのです。(失礼)

 

はてなブログを始めたきっかけは?

アウトプットする場が欲しかったのです。

わたしの発信力はどれほどのものか、チャレンジしているところです。

 

 

自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?

最近ですと、『娘と二人で乗り切った13日間の思い出』

yukiichihimenitaro.shop

 

息子ユキ君の入院で妻は付き添い入院。

姉の雪ちゃんとの留守番、13日間の回顧録。

写真を貼り付けながら書きましたが、娘の頑張りに胸が熱くなり、思わず泣きそうになったのを覚えています。

 

うっ、うっ、うっ・・・

よく頑張ったよォ、雪ちゃーん(涙)

 

ブログを書きたくなるのはどんなとき?

誰かに伝えたいことがあるとき。

 

 

下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事?

多ければ5個ほど先まで書いて予約投稿していましたが、最近余裕がありません。

1週間のうち火水金土日は投稿目標でやっていますが、忙しかった次の週はキツイ笑

土日は育児でスマホを見る時間があまりなく、平日に書き溜めていますね。

 

そうだ!今決めました!

今週は火水金日にします笑

※余裕が出たら土曜もあげます

 

自分の記事を読み返すことはある?

「まとめてみた」を出すようになり、過去記事を見直すことも出てきました。

意外と面白い記事書いてたなぁと自画自賛でモチベーションをあげています笑

 

yukiichihimenitaro.shop

 

 

 

好きなはてなブロガーは?

皆様です。(という回答になりがち)

自分にはないテーマ、視点でそれぞれのブログ色が見えて、とても楽しいです。

日々発見を有り難く頂いております!

 

 

はてなブログに一言メッセージを伝えるなら?

メッセージを伝えようと思い『はてな』という言葉を検索しました。

生半可な一言メッセージを伝える訳にはいかない。

はてなブログさんに失礼になってはいけない。

ちゃんと調べないと。

 

おや?『はてな(クエスチョン)』というそもそも有名なワードがあるのに、検索をかけるとはてなブックマークはじめ、はてな株式会社のサービスばかりがでてくる。

 

はてなブログさん、アンタ。

「すごいぜ。」

 

言いたいことはそれだけだ!

 

だけど、そんなことより私は『はてなマーク』の『はてな』の意味が知りたいんだ!

あったぞ!

 

【はてな】※Wikipediaより

間投詞の一種。「はて」に「な」を付け加えたもので、怪しむ意や疑問の意を表すときに発する。

 

10年前は何してた?

新卒で入った会社で社会人3年目。

仕事にも人間関係にも少し慣れてきたお年頃。

 

そう、どうしようもない新入社員を育ててくれたのは、元同僚の素晴らしい方々でした。

yukiichihimenitaro.shop

 

実は恩師Aさんに近々再開するかもしれません。

 

 

この10年を一言でまとめると?

『激動』

 

仕事面では退職、転職、過労、2回目の転職。

プライベートも結婚、出産、家購入(35年の借金)、2人目出産、育児と目まぐるしい日々でした。

きっと生涯で一番めまぐるしい10年ではないだろうか?

いえ、まだまだ人生何があるかわかりませんよね!

 

最後までお付き合い有難うございました。

 

ではまた!