雪とユキ 一姫二太郎の父やらせてもろてます

長女 雪ちゃんと長男 ユキ君の父、りょうさんのブログ

【子供との日常】『ヘルメットを装備した1歳の冒険心』『何をしてるんだ!』『当たり前の理由』【小ネタ3本】

f:id:ryousankunchan:20210913181802j:plain

 

おはようございます!

 

今日は子供との日常、小ネタ2本です。

 

【目次】

 

 

 

ヘルメットを装備した1歳の冒険心

ん?ユキ君(1歳)よ、ヘルメットを付けられていますね。

どうしたのかな?

 

うーん、これは雪ちゃん(4歳)の仕業だな。

ふむふむ、家の庭のコンクリートを伝え歩きしています。

 

f:id:ryousankunchan:20210911225215j:image

 

ユキ君「あははは!ひゃははははは!」

 

とてもテンションが上がっています。

大丈夫かな?

 

むむむ!

 

(ザッザッザッザッザッザ!)

 

f:id:ryousankunchan:20210911225210j:image

 

私「おいおい!どこいくの!」

 

 

(ジャリの上を高速ハイハイ、ザッザッザッザッザ!)

 

ユキ君「ひゃははは!あは!ギャー、あははは!」

 

私「これ~、どこに行くんですか!」

 

 


f:id:ryousankunchan:20210911225213j:image

 

雪ちゃん&ユキ君「あははははは!あひゃひゃひゃ!」

 

私「君もかい!

君たちどこへいくんですか!これ~」

 

この後、家の周りを二人でひたすら這いずり回っていました・・・

 

 

 

何をしてるんだ!

ある日の事。

 

あれ?キッチン付近でガサガサ音が・・・

 

近づきます。

 

はっ!

全力で何かが走り去っていきました。

 

あやしい人影です。

追いかけましょう。

 

 

何かが、風呂場に逃げ込みました。

扉を恐る恐る開けます。

 

私「何をしてるんだ!」

 

f:id:ryousankunchan:20210911224846j:plain

 

 

雪ちゃん「ふっふっふっふふふ(風呂の隅から顔を上げません)」

 

私「こら!何をしてるんだ!」

 

雪ちゃん「ふふふふふっ、ふふふ(風呂の隅から顔を上げません)」

 

 

私「あやしい!顔をあげなさい!(顔をつかみました)」

 

 

 

雪「ふふふっ、モグモグモグ」

 

私「絶対、何か食べてるやん!」

 

雪「ふふふふふ、モグモグ、たへてない、ふふふっ、モグモグ」

 

 

その後、おせんべいの袋の封が空いているのを確認しました。

 

当たり前の理由

ある日、雪ちゃんがユキ君の体を風呂で洗ってくれたと妻から聞いた。

こんなことを聞くのは初めてだ。

お姉ちゃん、やってくれている。

 

私「雪ちゃん、ユキ君の体洗ってくれたん?」

 

雪「そうやで、あたまも洗ってあげてん」

 

私「そうか~、ありがとうな。

どうして洗ってくれたん?」

 

 

 

雪「だってさ、だってさ。

 

きょ・う・だい やから。」

 

 

私「・・・・・・・・・。(ちょっと泣きそうになる)

そうやんなぁ。お姉ちゃんやもんなぁ。ありがとう。」

 

当たり前の回答に、娘の成長を感じる父でした。

 

小ネタは以上でございます。

 

ではまた!

 

 

【小ネタはこちらもどうぞ】