雪とユキ 一姫二太郎の父やらせてもろてます

長女 雪ちゃんと長男 ユキ君の父、りょうさんのブログ

【娘との日常】父がツボに入った娘の替え歌、他【小ネタ集】

たまにはしょうもないだけの記事を書いて良いですか?

 

普段の記事もしょうもないと言われればそれまでなのですが…

実は何かメッセージがある記事と、何も伝えることのない小ネタの記事とをバランスよく発信していこうと考えております。

 

個人的には小ネタが書くのが結構楽しかったりするんですが…笑

 

f:id:ryousankunchan:20210712125415j:plain

 

◎父がツボに入った娘の替え歌

完全に親バカなのですが、4歳の長女 雪ちゃんの替え歌に爆笑してしまいまして、ご紹介させて頂きたいです。

いや、こんなハードルあげたんですが、めちゃくちゃしょうもない内容なのでご了承ください。

 

一緒に風呂に入った時の事。

雪ちゃんが私の鎖骨に両手をピアノを弾く様に置いてですね、そしてあの名曲「大きな古時計」のメロディに乗せて歌いました。

しかも歌に合わせてピアノみたいに鎖骨を弾きます。

 

 

「肩は、もーう、動かない~

 

 

(しばらくタメ時間)

 

 

そのと~け~い~」

 

 

しばらく爆笑して、何度かやってました。

風呂で何やってんねん!

 

こちらは過去の雪ちゃん替え歌シリーズです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

yukiichihimenitaro.shop

 

 

 

次の小ネタにうつります。 

 

◎真面目な質問

夜寝るときに妻が雪ちゃんに質問をしました。

 

妻「雪ちゃんはなんでお母さんとお父さんの所に生まれてきてくれたん?」

 

雪「だってさ、だってさ。

決まってるで?」

 

妻「なになに?」

 

 

 

雪「幼稚園でな、お誕生日会するためやで。」

 

 

妻「え~?それだけ~?」

 

雪「そうやで~」

 

 

最後に、もうひとつ小ネタを。

 

◎小さな車

雪「おとう(さん)、うちの車せまいなぁ」

 

私「え~、そんなんいわんといてよ~」

 

雪「せまいやんか。

だから車屋さんに電話してな~?」

 

私「なんで?」

 

雪「うちの車せまいですっていうねんで?わかった~?」

 

私「そんなん言ったら車買わないとあかんやんか。

雪ちゃんお金払ってくれる?」

 

 

雪「別にええで。

キティちゃんのお金(おもちゃ)結構もってるからな。」

 

ということで次の車は雪ちゃんに買ってもらうことにしました。

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 過去小ネタもどうぞ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

yukiichihimenitaro.shop