雪とユキ 一姫二太郎の父やらせてもろてます

長女 雪ちゃんと長男 ユキ君の父、りょうさんのブログ

【人間力に触れる⑨】1番身近なダイナミックお父さん 先輩Iさん【連載、SeasonⅡ】

おはようございます!

 

「人間力に触れるSeasonⅡ」

私がお世話になった元同僚5人の人間力ついて、毎週1人ずつ紹介していきたいと思います。

 

【SeasonⅠはこちらから】

yukiichihimenitaro.shop

 

【前回はこちら】

yukiichihimenitaro.shop

 

 

今回は「1番身近なダイナミックお父さん」先輩Iさんの回になります。

 

【目次】

 

 

 

1番身近なダイナミックお父さん

f:id:ryousankunchan:20211119130112j:plain



Iさんはこんな人

Iさんは私が配属された当初、隣の席の先輩だった。

当時Iさんは29歳で既に結婚してお子さんがおられたが、私の周りの若い先輩で唯一お父さんをやってる人であり、

しかも優しく面白くそしてダイナミックなお父さんだった。

 

Iさんのダイナミックユーモア

f:id:ryousankunchan:20211108125751j:plain

恐怖のマクド(ナルド)愛

関西人なのでマクドナルドはマクドと呼ばせてもらう。

Iさんは野菜を食べない。

そしてマクド大好きで、営業に出ては朝食としてドライブスルーでマクドを買い、昼にもまたマクドを食べる様な人だった。

それにも関わらず身体は太っていない不思議体質者。

 

ある時私は車で営業に出ていると、別の車を運転しているIさんを見つけた。

覗いてやろうかと、並走してビックリ。

マクドのメガポテト(Lサイズ2個分のファミリーサイズ)を食べながら運転していた。

私は怖すぎて目も合わさず走り去った。

 

新製品を用いた試練

当時出た自社新製品「ジョニー(仮名)」をIさんが持ってきた。

 

I「りょうさん、ジョニーギャグ作っとけよ!楽しみにしてるわ。」

 

私「えっ?なんなんですかジョニーギャグて!」

 

その日の夕方。

 

Iさん「おい!ジョニーギャグできたか?」

 

私「勘弁してくださいよ!」

 

このくだりは約3週間続いた。

 

 

Iさんの「お父さんの顔」

私も独身の時、今の私の妻や、先輩Gさんと共に、Iさんと2人の息子さんとプライベートで農園に行ったことがある。

 

yukiichihimenitaro.shop

 

2人の息子さんは当時小学生低学年と年少さんぐらいだったかな?

とてもお行儀が良くて、ささいなことでIさんがお叱りもしていたが、私達は全く気にならない優等生達だった。

その時の怒り方も、優しい言葉で何が悪いのか噛み砕いて教えてあげていて、なんとなくこういうお父さんって良いなぁと感じた瞬間だった。

 

 

Iさんのダイナミックな優しさ

続きはどうぞ

当時私は毎朝コンビニでパンを買って食べていた。

そんなある日、Iさんが「これやるわ。続きは自分でやってくれ!」と紙をくれた。

 

なんとそれは、ヤマザキパンのイベントで、集めたポイントでお皿がもらえるというもの。

それの7割くらいのスタンプが集まっていたのだ。

 

私「ええ!ありがとうございます!

良いんですか!?」

 

Iさん「彼女、リラックマ好きやろ?

リラックマのお皿もらえるみたいやから。」

 

なんというダイナミックな優しさ。

ちなみに彼女というのは今の妻のことであり、そしてリラックマの皿は今も健在である。

 

f:id:ryousankunchan:20211107101220j:plain

 

切ないプレゼント

その日は節分だった。

残業で結構遅い時間になっていた。

営業から帰ってきたIさんが何かをくれた。

 

これは、……… 福豆だ。

 

私「あれ?これ頂いて良いんですか?」

 

Iさん「もう時間遅くなったやろ?

子供も帰ったら寝てもうてるし、家でもう福豆買ってしまったらしいから。

彼女とでも豆まきして。」

 

感謝とともに、なんとも切ないプレゼント。

優しくて、いつも彼女(今の妻)を気遣ってくれたんだよなぁ。

 

私には普段から他人にプレゼントするって事があまりなくって、Iさんの心意気にとても尊敬する。

だってどちらも自分の家庭で使えるものでしょう?

これは見習うべきことだと思わされた。

 

 

 

おわりに

f:id:ryousankunchan:20211119130151j:plain



 

私は小さい頃に実父と離れており、更に当時22歳くらいの私の周りにお父さんはあまりいなかった。

そんな中で私にとってIさんは塗り替えられた新お父さん像と言っても過言でない。

 

その印象は、「お父さん」ってこんな面白くて若々しくて良いんだというものだった。

 

そして、優しさを形にするということ。

形にしないとどうしても感じ取り難い人間だからこそ、これは本当に大事なのだと痛感した。

言葉にしたり形にしたり、私にして頂いた事はいつまでも心に残っている。

 

Iさんもまた、私の心の教科書に載る1人である。

 

あとがき

そういえば、この前Iさんは私と誕生日が同じだったのを思い出しました。

久々にLINEで少しやり取りしたのですが、私も10年以上歳をとり、Iさんも同じく歳をとっていました。

 

当時29歳でお父さんしていたIさんの年齢を私もいくつか超えましたが、あの時見たIさんのようなお父さんになれているか私には自信がありません。

でも、未熟ながら頑張っています。

 

ちなみにIさんから来たLINE。

 

 

「まだ食えるけど、太りすぎる」

 

まだ食えるんかい!

 

ではまた!