雪とユキ 一姫二太郎の父やらせてもろてます

長女 雪ちゃんと長男 ユキ君の父、りょうさんのブログ

【絵本】おばけと電車は子供のロマン『おばけでんしゃ/文 内田麟太郎/絵 西村繁男』【文字が少なく読み聞かせに最適、2歳、3歳、4歳】

おはようございます!

 

お気に入りの絵本を紹介させて頂きます。

今回は、こちら。

 

『おばけでんしゃ/文 内田麟太郎/絵 西村繁男』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おばけでんしゃ (絵本・こどものひろば) [ 内田麟太郎 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/9/26時点)

楽天で購入

 

 

おばけと電車?

子供のロマンそのものでしょう!

 

 

【目次】

 

 

どんな本?

表表紙がこんなかんじで、

 

背表紙がこんなかんじ。

f:id:ryousankunchan:20210926224320j:plain

 

この電車を横から見た絵が続いていき、ページごとに景色が変わっていきます。

 

とても色鮮やかで、たくさんのおばけ(妖怪)が出てきます。

まさにおばけオールスターズが電車に乗り込むというもの。

そのおばけ達が電車旅を楽しんでいるかの様な表情が見られます。

 

おばけも、名前は書かれていませんが、おばけ好きだったら見たらすぐにわかるものが沢山出てきます。

おばけなら、河童、一つ目こぞう、ろくろっ首、天狗、のっぺらぼうなどメジャーなものから、

くだん、手長足長、うまつき、鵺(ぬえ)、垢なめのようなものもおります。

そして妖怪だけではなく、メデューサや狼男、カボチャおばけ、UFOのようなものまで、まさにおばけワールドカップ。

 

 

文字が少なく読み聞かせに最適

タイトルにも書きましたが、ほとんど文字がありません。

だから寝る前の読み聞かせには最適です!

本は読んであげたいけど、読む気力が無いというお母さん、お父さんにオススメ。

 

 

エクストリームあらすじ(ネタばれ注意)

あらすじを書きます。

エクストリームに書く必要もないのですが、エクストリームにいきます。

 

「ようかい駅」⇒「くらやみ駅」⇒「さむざむ駅」⇒「にんげん駅」と電車が進んでいきます。

その間の文章にはほぼ「がたたん がたたん」しかありません。

ベリーイージーな内容だから、ひらがな濁点覚えたてのうちの4歳の娘も読みたいと言います。

 

駅についたら、1行程度駅の説明があります。

さむざむ(寒々)駅なら、「ゆきおんなにおきをつけください」など。

 

最後は、「にんげん駅」。

「ひとにばけておおりください」とアナウンス。

さっきまでおばけの外見だったものが、よく似た人間に変わっていきます。

 

子供と、どのおばけがどの人間になったかを見て楽しめますよ。

 

 

おわりに

人間界におばけが化けて生活していたらどうでしょう?

なんとも想像力をかきたてますよね。

 

娘と何度も何度も読んでいる絵本です。

 

ちなみにこの絵 内田麟太郎さん、同じ様な電車シリーズを他にも出されています。

まだ読んだことないですが、集めていくのも楽しそうです。


 


 

 

ではまた!

 

 

【こちらの絵本もどうぞ】

 

 

yukiichihimenitaro.shop