雪とユキ 一姫二太郎の父やらせてもろてます

長女 雪ちゃんと長男 ユキ君の父、りょうさんのブログ

【絵本】短所は長所?「くれよんのくろくん」を読んで自己分析してみよう

おはようございます!

 

今回は絵本「くれよんのくろくん」を読んで、多くの気づきが有ったので素晴らしいあらすじ(ネタバレ)をご紹介し、自己分析について考えてみたいと思います。

 

この本を読めば、子供でも一発で短所も長所であり、個性なのかもしれないと気づきがあると思います。(たぶん…)

 

【くれよんのくろくん/なかや みわ】


 

 

前回同じシリーズのこちらも紹介しましたが、今回も素晴らしいです。

yukiichihimenitaro.shop

 

【目次】

 

 

 

 

エクストリームあらすじ

 

まずはエクストリームにあらすじをご紹介します。

 

新品のくれよんの中から、黄色が飛び出し、真っ白な紙をみつけます。

 

黄色が絵を描きだすと、他の色も飛び出して絵を描きだします。

赤とピンクが花を描いたら、みどりときみどりが葉っぱを描く。

ちゃいろとおうどいろが地面や木を描いて、青や水色が雲や空を描きます。

 

そんな中やってきたくろくん。

くろは間に合っていると言われ、仲間に入れてもらえません。シビア!

 

するとシャーペンおにいさんがなぐさめてくれる。

そんな中、描く事に夢中になりすぎた皆の絵がめちゃくちゃになってきました。

そこへくろくんがやってきて、全部真っ黒に塗りつぶします。

みんなもちろん怒ります。

 

ところがシャーペンおにいがやってきて、くろくんの黒を削っていきます。

そこに現れたのは色鮮やかな夜空に浮かぶ花火。

 

くれよんたちは大喜びですが、シャーペンおにいは言います。

「はなびは くろくんがいたから できたのさ」

 

くろってすごいと皆ほめたたえてくれます。

 

感想

まず、シャーペンおにいが粋すぎまへんか?笑

そして真っ黒に浮かぶ花火の絵が本当に綺麗でね。

美しいです。

 

そしてこのストーリーの発想がええやないかって思うんですよ。

 

黒の使いどころってめっちゃ実際は有ると思うんですが、確かに無くても絵は描ける。

だけど黒が有れば縁を際立たせることも出来るし、単純に魅力的な色である「黒」を塗ることが出来る。

そんな魅力に自分ではなかなか気づけない。

そんなこと、人間だってよくあることでしょう。

 

就職活動、自己分析の難しさを感じた日々

私が大学生で就職活動してた時、自己分析はつらかった。

何故なら自分が頑張ってきたと思えることが無かったから。

なんでも中途半端で、人より優れているものを作ることができなかった。

 

【こちらの記事でも、若い頃の自己肯定感の低さについて触れました】

yukiichihimenitaro.shop

 

今思えばそんな中でも頑張ったこともあったし、それを大きく見せて主張することだってもっとできたはずだった。

くろくんと同じですよね。

 

周りの人に聞いてみれば良いんです。

自分と心から向き合ってみれば良いんです。

簡単そうで難しいですけどね。

時間も必要かもしれません。

 

 

おわりに

そんなことを思わせてくれた「くれよんのくろくん」。

素晴らしい絵本です。

是非オススメしたいと思います。

 

ではまた!

 

 

 

 

yukiichihimenitaro.shop