雪とユキ 一姫二太郎の父やらせてもろてます

長女 雪ちゃんと長男 ユキ君の父、りょうさんのブログ

【ロボット】身の回りの自動化から将来を考える【AI、DX】

おはようございます!

 

最近、世の自動化(ロボット化)を目の当たりにすることが増えました。

技術の進歩におったまげさせられまくっています(日本語大丈夫でしょうか?)。

 

これに対して黙って見ているだけで良いのでしょうか?

 

私が最近見て驚いた自動化から、感じたことを書いていきたいと思います。

 

f:id:ryousankunchan:20210730181150p:plain



 

突如自動化していたもの

①焼き肉きんぐの配膳ロボット

少し前に、焼き肉チェーンの「焼き肉きんぐ」さんにお邪魔したんですね。

そこで現れたのが配膳ロボットです。

 

詳細はこちら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

www.softbankrobotics.com

 

タブレットで注文したメニューをこのロボットが運んでくるんですよ。

しかも食べ終わった皿も載せれば回収してくれる。

更に、人にもぶつからないように動いていました。

忙しい焼き肉食べ放題店で、爽やかに働いているんですよ。

これはスタッフの負担減るだろうな~と感じました。

 

②ファミリーマートの自動レジ

大きなスーパー等では自動レジも普通になってきましたね。

最近、ファミマにも自動レジ出てきたんですよ。

もちろん同じ店舗に有人レジもありますけどね。

 

これが使い方ややこしいかな~と使ってみたのですが、スマホ決済でも現金でもなんの問題も無し!

あっ、これはコンビニでもあっという間に広がるだろうな~と思いました。

 

 

 

 

f:id:ryousankunchan:20210730181059j:plain

ロボット化に感じたこと

家族で毎年肖像画描いてもらっているんですよ~って人、珍しいですよね。

写真が出てきてそういう文化は一気に廃れた訳です。

その写真すらデジタルが出てきて、フィルムは一気に廃れました。

 

ガラケーを使っていた時、スマホが出てきたとき、どう思いましたか?

 

「え~、スマホ?そんなんいる?僕は使いません!」

 

恥ずかしながら大学生~働き始めた頃の私はそんな事を言っていました。

結構同じ感覚の人、多かったんじゃないでしょうか?

今じゃそんな感覚があったことすら忘れて皆使っている訳です。

人って新しいものにアレルギー反応でがちなんですよね。

 

ですが、ここまで日常にロボットが溶け込みだしているのを目の当たりにすると、あっという間に人の仕事は飲み込まれていくんだろうな~と感じました。

人件費は企業が一番削りたいことですもんね!

 

そうなると、将来盛り上がるモノ・コト、廃れるモノ・コト、今からでも想像していかないといけないと思うんですよね。

特に未来を担っていく子供たちには、そんなことを何気なく伝えたいな~と思っています。

 

よし、時代に乗り遅れないように頑張っていこう! 

 

 

ではまた!