雪とユキ 一姫二太郎の父やらせてもろてます

長女 雪ちゃんと長男 ユキ君の父、りょうさんのブログ

【人間力に触れる②】ありのままの不器用オジサン 上司Bさん【連載】

おはようございます!

 

ゆとり教育の典型であるどうしようも無い新入社員だった私に、良い影響を与えてくれた元同僚5人の人間力について、毎週水曜日に1人ずつ書いていきたいと思います。

今日は2人目、『ありのままの不器用オジサン』上司Bさんの人間力に触れていきたいと思います。

 

【シリーズの前置きはコチラ】

 

【初回はこちら】

 

 

【目次】

 

 

 

ありのままの不器用オジサンの人間力?

Bさんはこんな人

Bさんは、前回書いた恩師Aさんの異動により、後釜として移動してきた。

年齢はAさんより結構上で、当時で50歳くらいだったと思う。

見た目は白髪交じりで少し薄い髪。

なぜか唇はいつもリップクリームでテカテカ笑

結構ズケズケと初対面でも話してくるタイプで、独身、趣味はゴルフ、好きな話は野球。

仕事終わりはジムでエアロビして風呂に入って帰るらしい。

自転車通勤されていたが、冬は紫のナイロンパーカーのフードをかぶり、目の部分しか見えないくらいにキュンキュンにフードを絞っていた。

 

良い意味でなめられやすいタイプで、飲み会の無礼講では部下から結構いじられ、「やめろ」と言いながら、嬉しそうにしていた。

 

この方は、仕事に関してはできるイメージは全くなかった。

当時会社の業績が悪くなってきていたので、事業所のボスからのプレッシャーも激化してきていた。

毎日Bさんは絞られっぱなしで、それでも何も改善策は思い浮かばないないといった感じだった。

 

Bさんの良いところ

メンタルが強い

f:id:ryousankunchan:20210921125434j:plain

Bさんはメンタルが強い。

ボスにコテコテに絞られて、普通だったらゲンナリする場面があっても、そのすぐ後には、年齢的には年下のボスに「そういえば、あそこの店美味かったよな」とタメ口で気持ちを切り替えて話しているのだ。

 

さっきまで、「おまえ、何考えてんねん!」とボロカスに言われた後にだ。

私だったら心はシクシク泣き続け、まともに話せないと思う。

 

部下にご飯をおごってくれる

これは冗談でもなんでもなくて、Bさんはたまに同行すると、必ずご飯をおごってくれた。

結局お金かい!と言われるとあれだが、先輩が話していた言葉がとても府に落ちたことがある。

 

先輩「いくら良い上司でも一つもおごってくれない上司と、いけてない上司でも毎回おごってくれる上司やったら、それだけで結構ダメな上司のポイントあがらへん?」

 

そうなのだ。

やはり人間、比べてしまうもので、これって残念ながら間違いないと思う。

部下にはおごってあげるという姿勢、良くも悪くも部下は良く見ている。

 

 

Bさんに結婚式スピーチをしてもらったこと

f:id:ryousankunchan:20210921125639j:plain

今まで大してBさんの良いところを紹介できていないが、Bさんに対して心から尊敬を覚えたエピソードがある。

 

それは、私の結婚式のスピーチ。

先ずは事業所のボスにお願いしたのだが、どうしても家の用事と重なり式に出れないと言われてしまい、そうなると恩師Aさんではなく、現在の上司Bさんにお願いすることになる。

ちなみにAさんには乾杯挨拶をお願いした。

その時、ボスが来れなくなりスピーチをお願いできますかとBさんに聞くと、即答で「ええよ!任せといて~」が帰ってきた。

私はそんなに期待していなった。(失礼すぎ笑)

 

 

そして当日本番、司会者に、Bさんの名前が呼ばれた。

大勢の参列者の前にBさんが立った。

 

すると、Bさんはカンペも持たず、すらすらとスピーチを始める。

その内容は、よくある形式的なスピーチではない。

私の為、妻の為、私を支えてくれた人達の為の、誰が聞いてもオリジナルなスピーチだった。

気取らない言葉で、私の成長過程から仕事の頑張りを話して下さり、妻にも気遣いの利いた言葉をかけてくれた。

他の結婚式でも聞いたことがない素晴らしいスピーチだった。

聞いて泣いている人だっていた。

 

ちなみに、『(りょうさんは)事業所内で走り回り、パソコンすらバタバタ打って忙しいやつだ』という第一印象だった、という話から入る。

 

実は当時のDVDを掘り起こして、再び再生して拝見したのだが、今聞いても本当にBさんの優しさを感じる。

もう泣きそう。

 

後で同席者に聞くと、ギリギリまで席でカンペを繰り返し読んでいたそうだ。

沢山練習してくれたんだろう。本当に有難い。

 

 

その後のBさん

結婚式前から会社の経営状況は悪くなっていたが、後にさらに悪化していく。

私は退職するし、Bさんは降格させられ、早期退職を迫られる。

ある年齢以上の人は「今辞めれば退職金が出ますから」と肩を叩かれ、Bさんも結局は退職することになる。

ちなみに私の方が先に辞めるのだが。

 

その時に思ったのが、Bさんはこうなる事をわかってたんじゃないかって。

自分が「上司」という立場でいられるのももう長くないと感じていて、そんな中での部下の結婚式のスピーチ。

これはきっと最後の部下のスピーチだと、Bさんはわかっていたのかもしれない。

そう思うと、何とも言えない感情になった。

 

Bさんの飾らないありのままの背中。

その偉大さに私が気づくのは遅かったけれど、心から尊敬しました。

本当にお世話になり、ありがとうございました。

 

これで『ありのままの不器用オジサン』については以上です。

読んで頂き、ありがとうございました。

ではまた来週!

 

あとがき

f:id:ryousankunchan:20210921125851j:plain

Bさん退職後に、ラインで相談したことがあります。

Bさんは保険のコールセンターに転職して、楽しくやっているそうです。

なので、私も保険で悩んでいたので、アドバイスを頂きました。

いつか一緒にゴルフも回ってみたいです。